不倫調査依頼するならこのサイトで比較【夫の浮気・素行調査に】

不倫調査のおかげでけじめがつけられた

不倫調査なんて、するのもされるのも嫌ですよね。

 

できるなら、一生、不倫調査とは無縁の生活をしたいです。

 

でも、長い夫婦生活は山あり谷ありで、不倫調査が必要な時もあるのかもしれません。

 

私も、まさか自分が不倫調査の依頼をすることになるなんて、夢にも思っていませんでした。

 

夫の様子に異変があって、浮気を疑い、自分なりに夫の不倫調査として、持ち物を調べてみました。

 

ちょっと調べたら、出てくる、出てくる。私の腕が良いのか、夫が甘いのか。

 

携帯電話のメールには、女性と会っている内容のものがあるし、お財布の中には、レストランの領収書、

 

ブランド店のレシート、浮気相手の家の近所と思われるスーパーのレシート、デパ地下のレシートと無防備すぎます。

 

けれど、どれを夫に突き付けてもシラを切るばかり。

 

ケンカにも疲れてしまい、興信所に不倫調査をお任せすることにしました。

 

痛い出費でもあり、何よりも他人に夫の不倫調査を委ねることに抵抗がありましたが、自分が前に進むためにお願いしました。

 

結果は見事に黒でした。証拠写真もバッチリ。

 

不倫調査 http://www.4playsquash.org/

 

夫に突き付けると、さすがに観念していましたが、ここまでするのかと逆切れもされました。

 

信頼関係は完全に崩壊し、夫婦として生活していくことが無理だとわかったので離婚しました。

 

今は、夫の帰りを待ちながらイライラすることもなくなり、けじめをつけて良かったと思います。

 

 

 

不倫調査は証拠の確保が大切になる

不倫調査で最も大切なことの一つは、証拠をきちんと確保しておくことにあります。

 

不倫調査は浮気調査と違ってお互いの話し合いによって納得できるような形で終わることが出来るようなものではないこともあります。

 

不倫調査の果てには離婚という法的な処理が講じられる可能性が高いということを自覚しておかなくてはいけないのです。

 

 

 

そして、法的に自身が悪くないと訴えるためには明確な証拠が必要になります。

 

こうした証拠を確保するためにはきちんとした不倫調査によって相手の故意や過失を証明しなくてはいけません。

 

探偵などの調査をすることができる人たちに依頼をすれば、望むような証拠を手に入れることができるようになります。

 

というのも、裁判上で必要になる証拠というのは、適正な方法によって確保した証拠なのです。

 

証拠というのは違法な手段で手に入れたものであるのならば法的な効果を発揮しないようになっていますので、自分で独断で証拠を手に入れるような事をすると違法な方法で証拠を獲得したと見なされることもあります。

 

ですので、裁判でも利用することができる証拠が欲しいのならば調査権限が与えられた探偵などに依頼をすることによって不倫調査の証拠として提出するほうが理に適っているのです。

 

こうすることで優位に事後処理を行うことが出来ます。

不倫調査を行うには

 

男性にとって妻が不倫を行うのはとても困ることです。

 

もし行っているのであれば直ちに不倫調査を行いたいものですね。

 

しかし不倫調査を行うには色々な問題が存在します。

 

あなた1人で行うのはとても難しいでしょう。

 

 

 

そんな時に便利なのが不倫調査を行ってくれる興信所に依頼しましょう。

 

確実に解決に導いてくれます。

 

不倫調査は浮気調査と同じ要領で行われます。違うのは男性が依頼する点のみです。

 

調査依頼を受けた興信所は直ちに複数の人間を集めてチームを組み、指定された日数を元に不倫を行っている証拠を探します。

 

基本的には後を付け、不倫をしている証拠が確定したら写真に取ることが多いです。

 

複数の人間でチームを組むことにより、より確実に不倫調査を行うことが出来ます。

 

当然費用も掛かりますが、それ以上に知りたい情報を得ることが大切なのです。

 

不倫が行われていなかった場合は報告書を見て安心できるかもしれません。

 

不倫があった場合は証拠写真を付けた上で報告書に記述があります。

 

場合によっては離婚することも考えなければなりません

 

 

 

不倫調査に掛かる費用は10万円以上です。

 

日数と人数によって更に増えますので、ある程度用意しなければなりません。

 

必要な情報を得るための出費としては仕方ないかもしれませんが、それ以上に夫婦仲が上手くいかないのであれば調べなければならないのです。

慰謝料と不倫調査

 

探偵事務所の仕事の多くは不倫調査や浮気調査であり、個人でできることは限られますが、自分でできることもありますので、離婚するのであれば慰謝料のため、日ごろから不倫の証拠を集めておきましょう。

 

プロに不倫調査を依頼すれば、相手を突き止めるところまで調べてくれますが、平均で1日10万円くらい費用が掛かります。

 

 

 

依頼主の方で証拠を集めていれば、費用を抑えることができますので、変わった行動はないか、レシート確認、インターネット接続履歴、ロックが掛けられている画像フォルダなどを見つけ、自分のパソコンに転送して印刷をし、証拠を形の残すようにしましょう。

 

不倫調査の最終段階は相手を突き止めるという事ですが、浮気とは違い不倫の場合は法律で認められた配偶者と不貞を行った場合、不倫当人以外に相手からも慰謝料を請求する事ができます。

 

慰謝料を貰うためには、確実な証拠が多ければ多いほど良いですし、離婚した後の生活費や養育費などを考えるとお金はあっても困りませんので、将来のことを考え、不倫調査を行い、証拠は集めておいた方が良いです。

 

不倫調査を行うという事は決して良い気持ちのするものではありませんが、ハッキリしないまま過ごすと逆につらいので、めげずに毎日を過ごしましょう。